日本国内インターナショナルスクール受験対策

日本国内インターナショナルスクール受験対策を行なっています。

受験を行い3歳で入学することができるインタープリスクールは、アメリカンスクールや清泉インターナショナルスクールくらいしかありませんので、とても高い競争率となります。

日本の名門西町インターナショナルスクールに通常試験と編入試験において合格を出しているオハナエデュケーションだから、国内のインターナショナルスクールでも効果的な学習方法を知っています。

インターナショナルスクールの通常試験は、
今年の12月から来年3月の間ですので
今のうちにしっかり対策を行なっておきましょう。

関連記事

  1. キンダーガーテン受験が求める言語運用能力とは?

  2. ハワイ名門プナホウスクールのキンダーガーテン受験に心理学者が立ちあう意…

  3. 保護者アンケートからわかること

  4. ハワイ名門プナホウスクールの入学試験とは?

  5. ハワイ名門プナホウスクールの倍率

  6. キンダーガーテン受験の出題傾向

  7. ハワイ名門プナホウ・イオラニスクールの出願締め切りが近づいています

  8. 11月の集団行動観察

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。