キンダーガーテン受験の出題傾向

キンダーガーテン受験が半年後にせまってきていますが、ご準備はいかがですか?人気校に合格するためには、試験対策を万全にするのは、ご周知でしょうが、キンダーガーテン受験には、どんな出題傾向があるのでしょうか?

ハワイの私立校であれ、東京のインターナショナルスクールであれ、キンダーガーテンの入試には、
共通点があります。それは、言語理解、視覚・空間認知、ワーキングメモリー、情報処理速度、巧緻性、社会性です。

しかし、これらの成長や発達を確認するために、
各学校ごとに出題の仕方が違うのです。
これが、出題傾向の違いといわれるもので
ここ近年の出題傾向から、その学校が好む出題を知り、出題傾向を何度も練習していくことが、
合格への近道といえるでしょう。

といっても、ハワイの私立校やインターナショナルスクール出題傾向を把握するのは、
とても労力がいることです。効率的に情報を
得るためには、弊社のような塾を利用していくのも
手かと思います。

関連記事

  1. プリスクール、キンダーガーテン受験期のメンタルの保ち方

  2. ハワイ名門プナホウスクールの倍率

  3. 日本国内インターナショナルスクール受験

  4. 4歳で求められるタスク

  5. 4歳枠で受験できるハワイの名門プリスクール

  6. アメリカンスクール・イン・ジャパンの試験が始まります!

  7. プナホウスクール4年生受験にむけて始動

  8. プナホウスクール4年生受験