キンダーガーテン受験コース

オハナエデュケーションは、
基本週一のレッスンですが、
短い時間の中で効率よく
インプット、アッププットのバランスをとりながら、
行っていくのが特徴です。
キンダーガーテン受験コースでは、
必須な言語力と算数力の定着、
表現力や想像力の向上、
巧緻性、空間認知力を高める
カルキュラムで、
インプットした後、アウトプットさせる
演習問題を必ず行い、知識の定着を
目指しています。
1年間ほどのカルキュラムを終了すると、
個人差は在りますが、
1学年から2学年ほどの学力を身につけることができ、
西町インターナショナルスクールや
アメリカンスクールインジャパン、
セントメリーズインターナショナルスクールなどの
老舗人気校にも合格できるスキルをつけることができます。
バイリンガル言語発達の知識と各インターナショナルスクール入試の徹底的分析から
生み出されたオリジナルメソッドと講師の質の高さは定評があり、
英語レッスン担当のレイモンドは大学元助教授で博士号取得。
十数年の教授経験があり、お子様にも忍耐強くレッスンをすることができます。
また、インターナショナルスクール保護者面接対策では、校長役を担当。
本番のような雰囲気と緊張感の中で模擬を行うことができます。
オリジナル教材作成、フィードバック担当の
ケアロハくみこは、
早稲田大学大学院にて
バイリンガル児の言語発達を研究、
大学院卒業レベルの専修教員免許保持。
1人1人の言語発達を分析し、1人1人の
オリジナルカルキュラムを作成しています。
毎年、人気インターナショナルスクールの入試内容を
いち早く入手し分析、過去問題や傾向をベースに
来年度の傾向を推測したオリジナル模擬入試問題を作成しています。
市販の本は使わず、前のレッスンでできなかったことを中心に、
言語発達や学力にあわせてカルキュラムを作成するため、
毎週、カルキュラム作成だけで3時間ほどかかります。
ここまで手間をかけているのは、オハナエデュケーションだけと断言できます。

関連記事

  1. バイリンガル、日本語と英語の関係

  2. バイリンガルの子供の言語発達研究

  3. 新年の抱負

  4. バイリンガルのための学習指導計画作成

  5. バイリンガルは究極の脳トレである

  6. 乳幼児期の言語発達と環境

  7. ギフテッドチャイルド

  8. 私たちがトレーニングにこだわるわけ