小学生の英検2級対策

まず、英検2級のライティングの項目では、
質問内容を理解し、短い間で文章構成し、
採点者が納得できる内容にしあげなくてはいけません。日本の小学校の国語の授業は、
膨大な量の漢字を学ぶことに重点がおかれ、
作文に費やす時間は非常に少ないかと思います。

 

 

 

 

 

6月28日の英検を目指して
小学生の英検2級対策を行っています。

小学生だとリーディング、文法などの範囲で
難しく感じるのですが、
特にライティングは苦戦しています。
というのも、ライティングは、
英語力の要素以外のものが求められ、
その要求されるレベルも高いからです。

更に、英検2級に出される出題は、
社会問題、環境問題、教育の問題など、
母国語の日本語でもまだ習っていない範囲です。
それらに触れる機会が少ないことからくる
設問に対しての知識量の少なさだけでなく、
問題への思考の深さを求められ、
設問の内容自体が難しいことが
一層、小学生のライティングのハードルを
高くしています。

たとえば、例をあげてみます。
下の例をみてみましょう。

Some people say that advertisements have a positive
influence on the society. What do you think about
this?

広告が社会における影響を考えるという設問は、
いきなり小学生には難しく、下のような思考プロセスを踏むことにより、少し楽になるかと思います。

一つ目は、広告が何であり、どんな役割を果たしているかを理解すること。

二つ目は、広告が社会に影響を与えることを理解し、
身近かな具体例を考えること。

最後に、広告が社会によい影響を与えるか。
悪い影響を与えるか考え、意見をいえること。

小学生の場合、この3点を確認して
問題文への理解を深めてから
問題にとりかかりましょう。

関連記事

  1. 小学4年生が英検2級一次試験に合格!

  2. 小学生がどのように英検2級レベルの英単語を覚えるか

  3. 小学生が挑む英検2級 ライティング構成編

  4. 小学生が挑む英検2級 ライティング知識編

  5. 小学生の英検2級ライティング突破メソッド

  6. 小学生が挑む英検2級 ライティング内容編

  7. 小学生が英検2級に合格するには、どのくらいの語彙力が必要か

  8. SSATと英検の違いを知って効率的に英語を学ぼう