バイリンガルのための学習指導計画作成

日本では年長といえば、まだ幼稚園や保育園ですが、アメリカでは、キンダーガーテンから義務教育が始まります。キンダーガーテンから、教科として英語、算数、理科、社会を学ぶことになり、英語を学ぶというより、英語を使って教科を学んでいく意味あいが強くなります。

オハナエディケーションでは、
キンダーガーテンの生徒には
教科指導を行っており、オリジナル
学習指導計画を作成しています。

今回は、新型コロナウィルスの影響のため、
遅れてしまった、
インターナショナルスクールに通う生徒さんの
算数強化です。様々なワークブックを使って
算数のスキルをあげていきます。
算数といっても、Time,Money, Number, Measurment,
Shapes, など、様々な分野から成り立っていますので、まずは得意、不得意分野を見極め、
レッスンごとにチェックをしながら、
柔軟に対応していきます。

講師は日本の教員免許をもちながら、
オーストラリア教員免許申請中、
アメリカのスタンダード(指導要綱)にも
対応できるので、アメリカ進学を考えたり、
インターナショナルスクールの補習、
日本の私立中学への進学、
また、今後の進路選択で悩んでいるバイリンガルのご家庭のサポートになれると信じています。

関連記事

  1. バイリンガルの言葉の遅れ

  2. 知能を最大限伸ばすには?

  3. アメリカ人と日本人の英語習得順序を考える

  4. 幼児期に効果的な英語学習を

  5. バイリンガルの表出言語と理解言語

  6. バイリンガルは究極の脳トレである

  7. バイリンガル、日本語と英語の関係

  8. バイリンガル幼児期の超えなくてはいけない壁