幼児期から読書を習慣にしておきたいわけ

アメリカを含む英語圏では、
キンダーガーテン(アメリカでいう5歳からの義務教育)
から、読書は推奨されます。

日本の小学校でも、
家庭学習として、
子供が教科書の音読をした後、
親がチェックし、学校に提出しますね。

同じように、アメリカでも、読んだ本の題名を書き、
親がサインした後、学校に提出します。

しかし、いきなり
キンダーガーテンから
読書の習慣は身につくものでしょうか。

5歳といえば、自我がはっきりして
好き嫌いはすでにあるかと思います。
5歳で読書を好きにさせるのは難しいかもしれません。

幼児の頃から、少しずつでも、
読書の習慣をつけていけば、
キンダーガーテンになって
大きな拒否反応はないかと思います。

特に、ハワイ名門プナホウスクール、
イオラニスクール、日本国内の
西町インターナショナルスクール、
アメリカンスクールインジャパンの
キンダーガーテン入学試験を受けるので
あれば、なおさらです。

入学試験では、日頃の行いが全てでます。
一夜漬けは難しいのです。

関連記事

  1. 英語圏と日本の社会意識の差を感じる算数の問題

  2. なぜ言葉がでないのか?

  3. 幼児期に効果的な英語学習を

  4. バイリンガルの英語教育

  5. 子供の言語発達を促すには

  6. インターナショナルスクールに通うバイリンガルの子供が陥りやすいこと

  7. 「英語でテレビキャスター」体験してきました

  8. バイリンガルの表出言語と理解言語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。