ハワイ名門プナホウスクール受験と幼児期に必要な基礎概念

幼児期に学んでおきたい基礎概念と
ハワイ名門プナホウスクールキンダーガーテン受験
出題内容は、関連性があります。

具体的には、幼児期に知っておきたい概念は、以下のものです。
色、形、数、大小、多い少ない、上下、左右、遠近、
比較、順序、時間、季節、曜日

ハワイ名門プナホウスクールを受験する前には、
これらの概念を理解し
知らない場所(受験会場)や知らない人(試験官)の前で
積極的に表出できるレベルまでもっていく必要があります。

ただ、ハワイ名門プナホウスクールキンダーガーテンを
受験する4歳では、個々の発達に違いがみられ
理解すら難しい場合があります。

しかしながら、プナホウスクールキンダーガーテンの
競争率は、表面的でも(実質はもっと)3倍以上ありますので
最低でもこれらの基礎概念はおさえて受験に臨みたいですね。

プナホウスクールの実際のテストは
この基礎概念を用いて
応用させた問題が多いため
オハナエディケーションの
ハワイ名門プナホウスクール受験対策講座を受講し
演習を重ねましょう。

今年のプナホウスクールキンダーガーテン出願は
締切ましたが、現在、3歳で来年4歳で
受験を考えている子供の受験対策も行なっています。
日本語と英語バイリンガルは、乳幼児期の言語発達が
ゆっくりな子供も多いため、出願1年前からの受講を
お勧めいたします。

 

 

関連記事

  1. インターナショナルスクール受験

  2. Tell a storyの形式に慣れよう!

  3. 4歳枠で受験できるハワイの名門プリスクール

  4. ハワイ名門プナホウスクール小学4年生編入試験対策

  5. SSATにみる情報処理能力を発達させる良問

  6. プナホウスクール4年生受験

  7. キンダーガーテン受験が求める言語運用能力とは?

  8. キンダーガーテン受験の出題傾向

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。