ハワイ名門プナホウスクールのキンダーガーテン受験に心理学者が立ちあう意味

ハワイ名門プナホウスクールのキンダーガーテンを受験の際には、

個別テストと集団テストを受ける必要があります。

集団テストは今回は取り上げるのを省きますが、

個別テストは、いわゆる知能テストといってもいいかと思います。

試験内容は、言語、空間認知、記憶、配列などで

私が一度は受けているであろう、IQテストに似ている部分が多々あります。

しかし、そのテストを受けている子供たちに心理学者が同席し、子供たちを観察することがとても興味深いです。

なぜなら、テストの結果だけでなく、問題を解く過程も、合否を判定する判断材料のひとつとして見られているだろうと考えるからです。

問題を解く過程に同席することによって、

子供たちが将来、プナホウの授業で問題に取り組むときも様子もうかがい知ることができるでしょう。

プナホウスクールは、さまざまな面で入予定者を観察、吟味しているのですね。

関連記事

  1. SSATにみる情報処理能力を発達させる良問

  2. アメリカンスクール・イン・ジャパンに合格した喜びの声

  3. ハワイ名門プナホウスクール受験と幼児期に必要な基礎概念

  4. ハワイと日本の学校をダブル受験

  5. ハワイ御三家プリスクール及びプリキンダーガーテン受験対策

  6. 幼児がどのように英語で仕事を覚えるか?

  7. ハワイ名門プナホウスクールの倍率

  8. インターナショナルスクール受験

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。