ハワイ名門プナホウ・イオラニスクール受験対策

プナホウのキンダーガーテンの競争率は表面的には3倍以上、
イオラニスクールの競争率は表面的には5-7倍ですが、
実質的な競争倍率は、その2倍ともいわれています

ハワイに住む英語ネイティブスピーカーの子供たちが試験を受けるので、
英語力を見られるわけではありません。学力や知力、身体能力、潜在能力といったものを
心理学者が様々なテストを通してみるのです。1時間のテストの中で子供の本質を見抜かれます。

私たちは、毎年、合格する生徒に共通するスキルや知力、社会性を把握し
プナホウ・イオラニスクールがどんな子供を好むのか、
どんな子供を求めているのか、知っています。
もし、ハワイ名門プナホウ・イオラニスクール受験に興味がある方がいれば、
一度、学力チェックを受けにきてください。その場で、合格の可能性があるか、診断いたします。

関連記事

  1. アメリカンスクールインジャパンの出願

  2. SSATにみる情報処理能力を発達させる良問

  3. 日本国内インターナショナルスクール受験対策

  4. 日本国内インターナショナルスクール受験近づく

  5. インターナショナルスクール受験

  6. アメリカンスクール・イン・ジャパンの試験が始まります!

  7. ハワイ御三家プリスクール受験について

  8. Tell a storyの形式に慣れよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。