インターナショナルスクール受験

毎年、日本の名門インターナショナルスクールにオハナエデュケーションから合格者を輩出しています。

その中のひとつ、西町インターナショナルスクールは、皆さんご存知のように
東京にある難易度の高いインターナショナルスクールです。
昨年、オハナエデュケーションの代表も説明会にいきましたが、1年生の若干名の定員に
数十名の家庭が集まり、熱心に聞いていました。

2017年(通常枠)と2018年(編入)に西町インターナショナルスクールに合格者を輩出しています。アカデミックで日本語、英語のバイリンガル教育を推し進めている西町インターナショナルスクールは、すでにキンダーガーテンで、在学生は英語の高い読み書きスキルをもっているため、編入試験の対策は、読み書き中心に行いました。本番の試験は、見事に予想があたり、読み書きがでましたが、問題をうまくこなせたようで、編入試験も合格をいただくことができました。

2019年にはアメリカンスクール・イン・ジャパン六本木キャンパスと調布キャンパスの両方の他、聖心インターナショナルスクールにも合格を出しました。合格者に聞くと、試験内容はほぼオハナエデュケーションのレッスンと重なっており、余裕をもって受験に臨むことができたということです。

関連記事

  1. インターナショナルスクール入試模擬試験へのお問い合わせ

  2. 今やらなきゃ、いつやるの?

  3. ハワイと日本の学校をダブル受験

  4. ハワイ名門プナホウスクールの倍率

  5. ハワイ御三家プリスクール受験について

  6. ハワイ名門プナホウスクール受験と幼児期に必要な基礎概念

  7. プリスクール、キンダーガーテン受験期のメンタルの保ち方

  8. ハワイ御三家プリスクール及びプリキンダーガーテン受験対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。