英語ができてもインターナショナルスクールには受からない?

よくある質問にインターナショナルスクールの入学試験は

英語ができるので、合格できますか?と

いう質問があります。

 

その答えとして、日本人が日本語ができるからといって、

慶応幼稚舎に入学できるかということを例えに出したいと思います。

インターナショナルスクールの入学試験は、

言語発達を見るだけではなく、

空間認知、巧緻性、社会性など様々の発達に関して

幅広くみていきます。

また、親からの主観的な意見だけでなく、

第三者の意見を取り入れて

冷静に判断していくことが大切かと思われます。

英語ができることと合格することは、

別の問題です。

 

特に日本人同士のご家庭の枠は

プライオリティが低いですが

志願者は一番多く、常に激戦です。

 

そのため、

オハナエディケーションでは、

日本人の生徒様は、

キンダーガーテンの試験でも

小学校1.2年のリーディング力まであげて、

試験に臨んでいます。

 

一度しかない入学試験を

万全の状態で臨んでください。

 

関連記事

  1. 新型インターナショナルスクール入試の可能性

  2. インターナショナルスクール入試模擬試験へのお問い合わせ

  3. アメリカンスクール・イン・ジャパンに合格した喜びの声

  4. 西町インターナショナルスクールのキンダーガーテン入試の速報

  5. 西町インターナショナルスクールの キンダーガーテン入学試験が無事、終了…

  6. 西町インターナショナルスクール合格判定模擬試験を追加しました

  7. 8月よりオンラインでインターナショナルスクール入試対策

  8. 幼児がどのように英語で仕事を覚えるか?