ハワイ名門プナホウスクールと慶應義塾の入試問題

近年、グローバル化が進み、
アメリカと日本の学校を併願する子供が
増えてきました。そんなこと可能なの?と
思っている方も多いかもしれませんが、
意外と両国の入試問題は
似ているところも多々あるのです。

一例として、
ハワイの2大難関校の一つ、
プナホウスクールキンダーガーテン(5歳)と
日本の小学校受験の最高峰
慶応義塾幼稚舎および慶応義塾横浜初等部を
見てみましょう。

幼稚舎、プナホウスクールは、
ともにペーパーテストがありません。

そのかわり、言語発達、知力、判断力、運動、社会性、創造性をきちんとみています。

面白いのが、
創造力、思考力、問題解決力をみるための
絵画テストです。

慶応義塾では、
「このひし形を生かして、周りに絵を描いて、
小学校になったらやってみたいことを書いてみましょう」という問題がでていますが、
プナホウでも、「線が引いてありますが、
想像して、続きを描いてください」という
同じような創造性を問う問題が出ています。

このように国を跨いでも、
入試問題は似ているところも多いのです。
入試において試験官がみたいものは、
万国共通のようですね。

関連記事

  1. 4歳で求められるタスク

  2. 日本からハワイのプリスクールを狙え!

  3. ハワイ名門私立小学校編入に必要なSSATの入門書

  4. プナホウスクール編入試験対策インハワイ

  5. 日本からのハワイ受験で気をつけたいこと

  6. ハワイの小学校の学習指導要綱

  7. ハワイ御三家プリスクール受験の戦略

  8. プナホウスクールの出願が始まりました!