バイリンガル、日本語と英語の関係

バイリンガルは、母国語(日本語)と第2言語(英語)を
話すことが前提になりますが、
母国語と第2言語は、どのような相関関係があるのでしょうか。

ここでは、バイリンガル研究で有名なカミンズの
相互依存説をみてみましょう。

第2言語の教育環境において母国語も使用して
教育を受けた子供は母国語が発達するだけでなく
第2言語の能力も同様に発達したことから、
母国語(日本語)と第2言語(英語)との相関が認められるという理論です。

確かにオハナエディケーションでは、
バイリンガルは2つの言語を使用し
2つの言語の語彙を増やしているので
相互依存していると言えます。
一語使用者に比べて2つの言語を話すことにより
2倍の言語発達を促しているとも言えるでしょう。

あなたは、バイリンガル教育を支持しますか。

関連記事

  1. バイリンガルと名詞の発達

  2. 英語で名前を言えるようになるには?

  3. バイリンガルになる環境とは?

  4. 幼児期に効果的な英語学習を

  5. バランスのとれたバイリンガルになるために

  6. バイリンガルの子供の第二言語の発達

  7. なぜ言葉がでないのか?

  8. バイリンガルの子供はどのように言葉を覚えるか?