3歳でアメリカ小学1年生レベルに挑戦

3歳ながら、キンダーガーテン(5歳)レベルの
読み書きをおこなっているSちゃんですが、

小学校1年生レベルのコインにも挑戦しました。

コインはアメリカの小学校の算数では
必須項目であり


アメリカの統一学力試験であるS SATにもでてくる
重要なパートでありますが
日本に住んでいると、なかなか触れることがなく
学習が非常に難しいのです。

しかし、空間認知力や計算力を高めたり、
数の概念を理解するためにも
コインの学習は重要であると思います。

オハナエデュケーションでは、個々の目的と性格、学力レベルに合わせた
オリジナル教材とオリジナル教授法で
バイリンガルの言語や知的発達をサポートしています。ただいま、オハナエデュケーションは満席ですが、ウェイティングにご興味がございましたら、ご連絡ください。

関連記事

  1. 幼児期の言語発達と名詞

  2. 白金高輪で対面式レッスン始めます

  3. 用賀校の英語でおこなう社会科授業

  4. 塾に求めるもの

  5. 用賀教室に加湿器がはいりました

  6. バイリンガル乳幼児期の教育にブロックを導入するわけ

  7. 保護者アンケートからわかること

  8. 土曜日クラス、1席空きます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。