停滞期がやってきたら

学習能力が高いと思われる子供にも
言語発達において停滞期かなと思う時期が
やってきます。
学習の伸びが緩やかになったなと考えたら、
オハナエディケーションでは
すぐに克服するカルキュラムを取り入れます。
たとえば、英語の表出が少なくなってきたら、
表現力を高めるために語彙力を強化したり、
文法を見直したりします。

オハナエディケーションの個別指導では、
子供の細かな変化を見逃しません。
すぐに軌道修正することにより
時間のロスを省きます。

大切な時間、よりよい学習方法で
効果的に時間を使いましょう。

関連記事

  1. 子供のための社会科プログラムの2回目テーマが決まりました

  2. 塾に求めるもの

  3. 総合的にみてカルキュラムを作成することの重要性

  4. 英語でおこなう社会科授業

  5. 社会科専修教員免許をもつ講師が教える社会科授業

  6. 新型肺炎の対応について

  7. 用賀教室に加湿器がはいりました

  8. 用賀校の英語でおこなう社会科授業

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。