小学生が受ける英検準2級の本当の難しさ

 

小学生が準2級以上を受ける時に気をつけたいこと。
それは、小学生の母国語の理解度を超える単語がでてくるということです。また、単語だけでなく、政治、経済、環境問題、ビジネスに絡んだ知識も必要になるというのも注意すべき大きなポイントかと思います。

それだけでなく、大学のクラスメートの会話がでてくることがあり、まだ大学のシステムを知らない小学生が想像するのはかなり困難なことではないでしょうか。

しかしながら、小学生に特別な配慮はないため、
他の受験生と同じように受験するしかありません。
対策としては、日頃から、あらゆるトピックにアンテナをはり、知識向上を目指すということしかないかと思います。

もし英検協会にお願いするとすれば、
準2級は、日本の高校中級レベルなので、
その基準からいえば、
高校生に求める知識レベルは
合っているのかもしれませんが、
昨今、小学生の英語力を伸び、小学生も準2級以上を受験するのだという視点をもち、問題を考えてもらえたらと思います。

関連記事

  1. SSATと英検の違いを知って効率的に英語を学ぼう