フラダンス

脳を最大限に活用するためには、勉強するだけでは効率がよくありません。

運動神経と知的発達は結びついており、

アメリカのキンダーガーテンや日本の小学校入学試験でも

運動を見るテストがあるのを見ればわかる通り、

運動神経を発達させることが脳の活性化にもつながっています。

縦と横にリズミカルに移動し、手と足をばらばらに動かすフラダンスを行うことは、

脳のトレーニングに最適です。また、カヒコ(古典フラ)では大きな声でチャントを行うため、

腹筋がつき、発声練習にもなり、プレゼンテーションスキルも向上します。

講師は、フラダンスの最高峰メリーモナーク出場ハラウの選抜チームに在籍、

本格的なフラを学べます。