私たちがトレーニングにこだわるわけ

オハナエデュケーションでは、合格するのが難しい
ハワイ御三家プリスクール、
ハワイ名門プナホウスクール・イオラニスクール、
西町インターナショナルスクール
アメリカンスクールインジャパンに合格者を出し続けていますが、
そのカギは、志望校の出題傾向を調べあげ
子供たちにその内容をトレーニングしていくことにあります。

なぜなら、未就学児の子供たちは、
まだその場の雰囲気で言葉を発したり、
場をよんで柔軟に言葉を選んだりできないため、
繰り返しトレーニングをおこなったり、その場面に早く適応させることが重要なのです。
「習うより慣れよ」ですね。

また、トレーニングの達成レベルにもこだわります。
スピーキングを苦手としている子供も多いのですが
謙虚さが美徳とするバックグランドをもつ日本を含むアジア系の子供であると
面接官が質問しても「YES」「NO」しか答えなかったり、
最低限のことしか答えなかったりと
面接官が期待する回答の半分にも満たない量しか表出できない場合が多いのです。

これでは、競争率の高い
ハワイ御三家プリスクール、
ハワイ名門プナホウスクール・イオラニスクール、
西町インターナショナルスクール
アメリカンスクールインジャパンでは、
面接官に「この子供に入学してもらいたい」と思う印象を残すことはできません。

オハナエデュケーションでは、
大学院でバイリンガルの言語発達を研究しているケアロハくみこが
一人一人にあった言語発達(英語)の成長を促す
オリジナルプログラムを作成し
面接官に印象づけるレベルまでひきあげます。

また毎回、プログラムを見直し
一番効率的な学習方法でレッスンを行います。

用賀校はすでに満席ですが、ウェイティングは受け付けています。
まずは、オハナエデュケーションでお子様の学力・英語力チェックを受け
現在の立ち位置を確認し、志望校合格との距離を確認してみてください。

関連記事

  1. 幼児期から読書を習慣にしておきたいわけ

  2. バイリンガルの表出言語と理解言語

  3. バランスのとれたバイリンガルになるために

  4. ギフテッドチャイルド

  5. 新年の抱負

  6. バイリンガルの子供はどのように言葉を覚えるか?

  7. バイリンガルは究極の脳トレである

  8. 乳幼児期の言語発達と環境

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。