英語だけでなく、教育を提供する理由

オハナエデュケーションは、英語塾ですか?と聞かれる時があるのですが、
正確には、英語を教えることだけに焦点を当てていません。
あくまでも、英語をコミニュケーションツゥールとして
教育を提供します。

英語塾と違うことは、英語だけを教えてることに
フォーカスしているのではなく、
知識の習得、思考訓練を通して
グローバルな個人の育成を目指しているところです。

講師は、グローバルな教育を提供するための
グローバルな様々なトレーニングを受けています。
それを裏付けるように、
東京用賀教室の講師は、
日本の教員免許を持っているだけでなく
オーストラリアの教員免許を申請中です。
また、現在、早稲田大学大学院教育研究科で
バイリンガル教育を研究しています。

日本語と英語のバイリンガルは
英語を話すだけ、日本語を話すだけの
モノリンガルと違った、
言語発達や認知発達をしています。

オハナエディケーションでは、
バイリンガルの特性を踏まえた
効果的なカルキュラムを作成しています。

また、西町インターナショナルスクールに毎年合格者を
輩出し、インターナショナルスクール受験にも対応しています。また、インターナショナルスクールに通っているけれど、英語力が伸びない、英語を全く話さないなどの問題にも
アドバイスいたします。

まずは、学力チェックからどうぞ。

関連記事

  1. アメリカの小学校で必要とされるライティングスキル

  2. 子供のための社会科プログラムの2回目テーマが決まりました

  3. バイリンガル乳幼児期の教育にブロックを導入するわけ

  4. 社会科教員免許取得者が提案する子供の問題意識を高めるプログラム

  5. 東京用賀教室を紹介

  6. Happy Halloween!

  7. ハロウィンウィーク始まりました!

  8. 西町インターナショナルスクール受験

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。