バイリンガル幼児期の超えなくてはいけない壁

幼児期から英語を始めたバイリンガルにとって
超えなくてはならない壁があります。

それは、自分との戦いです。

幼児期から英語を始めると、
どうしても乳児期から英語を始めた子供より
自分の英語力が遅れていると感じ、
英語で話すことを避けてしまうなど
自分の中に閉じこもってしまうことが
英語習得の最初の時期によく見られます。

私たち大人も、英語がもっと出来る人がいると
黙り込んでしまう場合があるかと思います。
ただ、私たちはある程度、自分でモチベーションを
高めることで克服することができるかと思います。

幼児期の子供は、精神的に安定せず、
コントロールが難しいため、
「英語やだ」「やりたくない」と
なってしまいやすいです。

しかし、コンプレックスは、自分ができないことを
自覚していることの証拠であり、
自分を成長させるチャンスでもあります。
Aちゃんみたいに英語が話せるようになりたいと
ポジティブにとらえられれば、
英語への学習モチベーションを上げ、
上達につなげることができます。

また、この壁を乗り越えたという自己達成感は、
これから長く続く人生に大きな影響を与えるでしょう。

幼児期といえども、すでにまわりと自分を比較することができ、間違えたら恥ずかしいと感覚もわかっています。

しかし、前から英語を始めた子供に追いつきたいと考えるか、黙って成長をとめてしまうかで、
英語習得の成果も大きく異なってくるでしょう。

オハナエディケーションでは、
自発的に話をしてくれるように
発話を引き出すことを念頭に置いています。

バイリンガルになるため、一緒に頑張りましょう!

関連記事

  1. バイリンガルは究極の脳トレである

  2. バイリンガルの表出言語と理解言語

  3. バイリンガルの言葉の遅れ

  4. 乳幼児期の言語発達と環境

  5. バイリンガルの子供はどのように言葉を覚えるか?

  6. 幼児期の言語発達と名詞

  7. バランスのとれたバイリンガルになるために

  8. 幼児期に効果的な英語学習を

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。