アメリカの小学校で必要とされるライティングスキル

アメリカの小学校では
5年生までに12種類の文章様式で
作文が書けるようになります。
文章様式とは、物語、詩、手紙、説明文、説得文、
写真エッセイ、レポート、インタビュー、
広告、本の紹介文、自伝、戯曲と様々なジャンルに
わたっています。

作文といっても、
日本のように起承転結が決まっているだけで
内容に関しては自由に書くことができるのに対して
アメリカでは、文章様式によって
型がある程度決まっています。

エッセイの試験が州の統一試験に入っているところもあり、低学年のうちから、ライティングには力を入れている学校も多いです。

日本の公立小学校では読書感想文を書く程度ですが、
アメリカのように低学年のうちから
ライティングをトレーニングすると
大学で出されるレポート提出も
苦労することは少なくなるかもしれませんね。

オハナエディケーションでは、
ライティングにも力をいれています。
アップしたのは、小学校2年生の作品です。
自分でタイプもしています。
低学年のうちは、たくさんエッセイを
書くように指導しています。

関連記事

  1. 用賀校の英語でおこなう社会科授業

  2. 東京用賀教室を紹介

  3. 保護者アンケートからわかること

  4. 英語だけでなく、教育を提供する理由

  5. 社会科専修教員免許をもつ講師が教える社会科授業

  6. 幼児期の言語発達と名詞

  7. 英語爆発期がやってきた!

  8. 子供のための社会科プログラムの2回目テーマが決まりました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。