バイリンガル乳幼児期の教育にブロックを導入するわけ

私たちは、バイリンガル乳幼児プログラムにブロックを使用しています。
ブロックは、筋肉の総合発達を促すだけでなく、
組み立てたり、整理したり、測ったり、数えたりすることで、問題解決能力を鍛えます。

また、ブロックを使用して自分の考えを表現するため、表現したいという創造力を促し、
表現に必要な語彙を増したい、もっと学習したいというモチベーションにもつながります。

13か月の生徒さんは、なんと4つのブロックを積むことができました!通常の発達では、15か月から18か月で2-3個のブロックを積むことができることから、オハナエデュケーションの生徒は、発達を促すプログラムが効果を奏しているかと思います。

関連記事

  1. 子供の特性と目的に合わせたオリジナルカルキュラム

  2. 東京用賀教室を紹介

  3. 3歳でアメリカ小学1年生レベルに挑戦

  4. 英語で学ぶ社会科授業第5回目 自由とは?

  5. Happy Halloween!

  6. 用賀校の英語でおこなう社会科授業

  7. 英語でおこなう社会科授業

  8. 英語で学ぶ社会科授業4回目は地球の食糧問題

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。