幼児期に効果的な英語学習を

私たちの教室は、
日本語英語バイリンガルに特化した教育を行っています。特に幼児期の子供の通学率が高いです。

バイリンガルと言っても、様々で
英語で保育をおこなう英語保育園に通っている子供、
英語ネイティブスピーカーが多く通うプリスクールに
通学している子供、
日本の幼稚園に通っている子供たちが
います。

バイリンガルは、英語をいつから始めたのか、
英語環境に一日にどのくらい浸っているのかに
よって、学習スピードに違いがあり、
母国語の習得度や子供のIQ、学習能力の高さによっても習得度が大きく影響されます。

そのため、バイリンガルを指導する場合は、
指導する側が、バイリンガルの特性を知り、
なおかつ、一人一人のバックグラウンドを把握しながら、気分や体調に流されやすい幼児期の子供をまとめ、効率的に指導する必要があります。

早稲田大学大学院でバイリンガリズムや
バイリンガル教育を
研究するケアロハくみこが主宰する
オハナエディケーションでは、
丁寧に英語学習歴、英語環境の聞き取りをおこない、
子供の学習能力、認知力、語彙力テストを行った後、
一人一人に合ったオリジナルプログラムを作成します。

また、オハナエディケーションから、
毎年、ハワイ御三家プリスクール、ハワイ名門プナホウやイオラニスクールのキンダーガーテン、
日本国内のインターナショナルスクールに
合格者を多数出していますので、
プリスクールやキンダーガーテン受験にも
対応できる、世界標準の高い英語力や認知能力を
身につけることができます。

まずは、現在のお子様の立ち位置を
学力チェックで確認してください。

関連記事

  1. バイリンガルの言葉の遅れ

  2. バイリンガル幼児期の超えなくてはいけない壁

  3. バイリンガルの子供はどのように言葉を覚えるか?

  4. ハワイ御三家プリスクール受験と幼児の識別能力

  5. 幼児期の言語発達と名詞

  6. バイリンガルは究極の脳トレである

  7. バイリンガルと名詞の発達

  8. バイリンガルの表出言語と理解言語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。