世界標準の乳幼児言語発達テストを取り入れます

オハナエディケーションより
毎年、ハワイ御三家プリスクール、
ハワイ名門プナホウやイオラニスクールキンダーガーテン、
日本の西町インターナショナルスクールに
合格者を輩出していますが、今まで
合格する上での明確な指標はだすことは
控えていました。

しかしながら、経験上、合格者が一定の英語の
語彙量を持っていることは確かで
それを明確にすることは大切だと感じていました。

大学院で研究を重ねるうちに
世界基準のマッカーサー乳幼児言語発達テストが
ハワイ御三家プリスクール、ハワイ名門キンダーガーテンや
日本国内のインターナショナルスクールに
合格するための語彙力を明確にとらえることができると考え、導入することを決めました。

バイリンガルの子供を持つ親にとって
自分の子供の英語と日本語の言語発達が正常なのか、
語彙力がモノリンガルとくらべてどうなのか
日本語と英語の語彙力に差があるのか、
科学的な見地から知りたいと思っていると思います。

オハナエディケーションでは
大学院教育学研究科に在籍するケアロハくみこが
その疑問に答え、テスト結果を踏まえた
子供にあったふさわしい道をご提案します。

関連記事

  1. 教師の質は子供の学力に直結する

  2. ハワイのプリスクールか日本国内のインターナショナルスクールか?

  3. ハワイ名門イオラニスクール ボーディング生募集!

  4. バイリンガルの乳幼児期の教育をデザインします

  5. 英語スピーチコンテストにみる日本人の社会意識

  6. キッザニア英語スピーチコンテストで優秀賞を受賞

  7. 専修(大学院卒業レベル)教員免許の更新手続きを行いました

  8. キッザニア英語スピーチコンテスト優秀賞作品

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。