バイリンガルは究極の脳トレである

まだ研究段階でありますが、
バイリンガルはIQが高いのでないかと予想をたてています。

バイリンガルは、2つの言語を聞き、異なる言語を分類する作業を強いられます。
そして分類した言語を常にスイッチングするという作業を行っています。
このことは、脳の働きの活性化を促し、
常時、言語活動のトレーニングを行っている状態にあるといえます。
バイリンガルは、究極の脳トレーニングだと言っていいでしょう。
当然、脳の知能を測るIQにも影響があると思います。

また、今までの研究によると、バイリンガルは
推論する技量や複雑な理論や課題を処理する能力に長けていることが
わかっています。

バイリンガルになるためには、努力が必要ですが、
得ることができるものも多いのです。

関連記事

  1. 幼児期の言語発達と名詞

  2. バイリンガルと名詞の発達

  3. 幼児期に効果的な英語学習を

  4. なぜ言葉がでないのか?

  5. バランスのとれたバイリンガルになるために

  6. バイリンガル幼児期の超えなくてはいけない壁

  7. 乳幼児期の言語発達と環境

  8. バイリンガルの表出言語と理解言語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。