乳幼児期の言語発達と環境

私たちは、ハワイ御三家プリスクール、キンダガーテン、
日本国内インターナショナルスクールのプリスクール、
キンダガーテンなど、乳幼児期の受験に携わっています。

乳幼児期は、子供の言語発達や心理的発達において、
とても重要な時期です。一歩間違えれば、
バイリンガルでなくセミリンガルやダブルリミテッドに
なりやすく、慎重に英語環境を整えることが必要です。

オハナエディケーション主宰のケアロハくみこは、
早稲田大学大学院にてバイリンガルの言語発達を研究し、
オハナエディケーションに通う子供たちの言語発達の
状態を確認し遅れていないか、チェックをかかせません。

バイリンガルは、2つの言語を通して2つ以上の文化を
いききする、生き方の選択でもあります。

乳幼児期にバイリンガルを選択する場合、
子供たちに選択できる力はありません。
バイリンガルは簡単になれるわけではなく、
目指す山はけして低くはないのです。
だからこそ、バイリンガルを目指すうえでの
環境を整えてあげることは、親の責任だと思います。

私たちは、理論と実践を組み合わせ
バイリンガルをサポートしていきます。
乳幼児期のプリスクールやキンダーガーテン選びは
本当に重要です。お教室に通わなくても
カウンセリングは受けることができます。
ご興味のあるかたは、ご連絡ください。

関連記事

  1. バイリンガルの子供はどのように言葉を覚えるか?

  2. バイリンガルの表出言語と理解言語

  3. バイリンガルの言葉の遅れ

  4. バランスのとれたバイリンガルになるために

  5. 幼児期の言語発達と名詞

  6. バイリンガルは究極の脳トレである

  7. バイリンガル幼児期の超えなくてはいけない壁

  8. ハワイ御三家プリスクール受験と幼児の識別能力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。