総合的にみてカルキュラムを作成することの重要性

総合的にみて
カルキュラムを作成することの大切さを
お話ししたいと思います。

オハナエディケーションでは、
現在、生徒さんがお通いのインタープリスクール、
保育園、幼稚園、小学校のカルキュラムを把握し、
そのカルキュラムが本当に理解できているか、
またはオハナエディケーションとカルキュラムが
重複していないかも厳しくチェックします。

ここを徹底的に行うことで
生徒さんの大切な時間と労力のロスを防ぎます。

ただ、塾でここまでやるのは
オハナエディケーションだけだと思います。

インタープリスクールや
就学前の幼稚園、保育園の教育カルキュラムは
学校独自に提供しているものが多く
スタンダードがないため
一校一校把握する必要があります。

そのため、ここまで労力を費やして
生徒さんが在籍しているカルキュラムの把握する
ことは、一般の塾であれば、難しいかと思います。

ただ、私は、
専修(大学院卒業)教員免許をもつものとして
大学院の教育学研究科で学ぶものとして
常に最高の教育を提供したいと思っています。

私たちが提供する教育が
子供たちの生きる糧となりますように。

関連記事

  1. 土曜日クラス、1席空きます

  2. 英語でおこなう社会科授業イン用賀

  3. セキュリティ強化後の初レッスン

  4. カルキュラムと授業の進め方について

  5. 用賀校の英語でおこなう社会科授業

  6. この春から入室した生徒さんたちの成長

  7. 子供のための社会科プログラムの2回目テーマが決まりました

  8. 社会科専修教員免許をもつ講師が教える社会科授業

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。